雌穂不稔の原因

1)気象(環境)要因
          ・幼穂形成期における異常低温
             トウモロコシの幼穂は6-7葉期までに形成され、この時期に異常な低温(10℃前後)を経験  
            すると、幼穂(雄穂や雌穂の原基)が十分に形成されず不稔の原因になる。
          ・受粉時期の異常高温や旱魃
            異常高温や旱魃は花粉の発育と充実を不良にし、不稔の原因になる。
          ・受粉時期の長期多雨
            花粉は雨に当たると破裂し、受精ができなくなる。またその寿命も1日である。
          ・アブラムシの異常発生
           雄穂に多量のアブラムシが付着すると、花粉の飛散ができず、不稔になる。

2) 肥培管理要因
          ・密植栽培
            品種にもよるが密植すると不稔が発生しやすくなる。播種が不正確で2本立てになった場 
            合、肥料不足も重なり不稔になる。最適栽植本数の確保と正確な播種(1本立て)が重要で 
            ある。
          ・肥料不足(主に窒素とリン酸)
             トウモロコシの施肥量は堆厩肥が3-4トン施用で、カリは不要になる場合があり、窒素:12、 
             リン酸:20㌔前後となる(6㌧目標)。チッソの元肥は8㌔までなので、追肥が必要である。最
            近は肥料不足による不稔が多く、この不稔は作物が立派であるが、雌穂の発育が不十分に
             なり小さくなるのが特色である。また窒素ばかりでなくリンサンも実入りに関与し、不稔の原
             因になる。特にS380(13-18-10)を4袋施用しても、チッソが10、リンサンが14となり、かなり
             リン酸が不足し不稔が発生しやすくなる。
          ・除草剤による薬害
            障害が発生し、不稔になる。
          ・倒伏、折損
            雌穂を大きくする養分は着雌穂高より上の葉が稼ぐ。そのため生育初期の倒伏や着雌
            穂節前後で折損が発生すると、不稔が発生しやすくなる。

3) 遺伝子要因(主にトウモロコシ育種圃場で認められる)
          ・開花期と絹糸抽出期の大幅なズレ
                  北海道ではほとんどないが極度の旱魃で、雄穂の開花より絹糸が遅く抽出すると受粉
                   できず、不稔になる。
          ・包皮が硬い
            絹糸が抽出する包皮の先が硬いと、先に出た絹糸が頭で詰まり、奥の絹糸が出られず、不
            稔になる。