正確な播種作業

1)播種量の決定
       最適栽植本数と播種量は品種により異なります。特性表と千粒重を最寄りの営業所に確認して 
       下さい。最近は平種子用の播種板も開発されています。8000本/10a以上の密植多収栽培で
       は最適播種板をあわせ、ユックリと正確に1本立てで播種しましょう。以下の式で栽植本数・株
       間・播種量を決定します。
          ①   栽植本数(本/10a)=1000(㎡)÷(畦幅(m)×株間(m))
          ②  株間 (m) =  1000(㎡)÷(栽植本数(本/10a)×畦幅(m))
          ③  播種量 (kg/10a) =栽植本数(本/10a)÷1kg粒数 
        例1.栽植本数:8000本/10a、畦幅:66cm
            株間=1000/(8000×0.66)=0.19m:19cm
  
2)最適栽植本数の決定
         密植によりTDN収量は増加するが、品種により倒伏や不稔が増加している事に注意する。

正確な播種作業1

3)ゆっくりと正確に播種する。
          播種板の穴が大きく、速度が遅いと落ちすぎ、穴が小さく、速度が速いと落ちないので注意す 
          る。品種ごとに最適な播種板を決め、小さ目の播種板でゆっくり播種する事が大切。

正確な播種作業2

4) 十勝での調査結果(新得畜試)
 実際の栽植本数は播種機が速いためか、かなり粗植になっており、これが低収の要因にもなってい 
  る。

正確な播種作業3