フロストシーディングについて

<フロストシーディングとは>
  牧草の播種時期は大きく分けて、4月~5月までの春播き、8月~9月上旬にかけての夏播きに分けられます。これらの播種時期は、牧草が発芽し、その後の越冬が可能な時期にあたります。
フロストシーディングは牧草種子の発芽適温より気温が下がり、霜柱(フロスト)の立つ11月上~中旬以降に播種し(シーディング)、種子のまま越冬させる技術です。越冬した種子は融雪後に地温が上がると雑草よりも早く発芽を開始しますので、雑草が少なく、良好な草地を作ることができます。

<フロストシーディングの播種方法>
基本的な草地更新方法とほぼ同じですが、いくつかの留意点があります。

フロストシーディング3

<フロストシーディングの留意点>
播種草種:  
   マメ科牧草は発芽する温度がイネ科牧草より低いため、11月上~中旬に播種した場合でも、発芽し、その後枯死します。フロストシーディングはイネ科牧草の単播が基本です。
イネ科牧草のなかでは、チモシーは種子が小さく、比重も他草種に比べて重いために種子が土壌に密着しやすく、定着率は良好です。オーチャードグラスは種子が大きく、比重が軽いために風で飛ばされやすく、播種ムラができる場合があります。
播種量:   
    フロストシーディングの場合、慣行播種に比べて発芽後の個体数がやや劣る傾向にあります。十分な個体数を確保するため、播種量は3割程度増量する必要があります。チモシーの場合は2.5~3.0kg/10a程度の播種量となります。
播種時期: 
   11月上~中旬以降から根雪前までが播種適期になります。積雪後の播種も可能ですが、積雪後の播種は、積雪表面が凍った状態であると種子が飛ばされやすいため、注意が必要です。
播種不適地: 
   傾斜地は種子が融雪水で流されやすいため、フロストシーディングには適しません。また、風あたりの強い圃場は種子が飛ばされやすいため適しません。
播種後の鎮圧: 
   播種後の鎮圧は、フロストシーディングの場合はむしろ逆効果になる場合があります。フロストシーディング時期は概して土壌水分が多く、ローラーに土壌とともに種子が付着し、播種ムラが生じます。ただし、土壌表面が凍っている場合や乾燥している場合は、ローラーに土壌がつきにくいため、鎮圧したほうが発芽後の個体数は多くなります。
マメ科牧草の追播: 
  弊社北海道研究農場(長沼町)で行った試験では、翌春の1番草刈取り後の追肥とともにアカクローバ0.5kg/10aを播種し(播種後の鎮圧はなし)、良好な定着が確認できました。


<道内各地の播種時期の目安>
   フロストシーディングの播種時期は日平均気温が5℃を下回る時期以降とされております。また、これまで行った弊社北海道研究農場(長沼町)における試験でも、日平均気温が5℃を下回る11月中旬以降の播種で成功したケースが多いことから、気象統計をもとに11月の日平均気温表(平年値)を作成してみました。これによると、道東と道北は11月上旬以降、道東太平洋側や道央、道南では11月中旬以降が播種時期の目安になることがわかります。


フロストシーディング1

フロストシーディング1