芝生の草種・品種

①芝生の草種・品種

<芝草とは>
  地球上に存在するイネ科植物は、約600属5,000種が知られています。このうち芝生に利用されている「芝草」は約50草種であり、さらに国内で利用されているものは約20草種です。芝草は適応地域によって、「暖地型芝草」と「寒地型芝草」に大別されます(表1)。暖地型芝草は、世界の熱帯から温帯で使用され、生育適温は25~35℃、一方寒地型芝草(表2、写真1~4)は、世界の冷温帯を中心に使用され、生育適温は15~25℃となっています。このため、本州以南では「暖地型芝草」が、北海道および本州高寒冷地では「寒地型芝草」が利用されています。北海道および本州高寒冷地では、ケンタッキーブルーグラス(写真1)が、一般家庭、スポーツターフ、緑化工事など、最も広く利用されています。 



表1 芝草の分類
芝生の草種・品種
表 2 寒地型芝草(ウシノケグサ亜科)の分類と各草種の利用用途
芝生の草種・品種2

芝生の草種・品種3

            写真 1 ケンタッキーブルーグラス

芝生の草種・品種4

     写真 2 ベントグラス

芝生の草種・品種5

            写真 3 ファインフェスタ

芝生の草種・品種6

     写真 4 ペレニアルライグラス


<芝草の品種と混播設計>
   芝草にも多くの品種が開発されており、品種により特性が異なります(表3)ので、利用目的にあった品種を選定することが大切です。また芝生を造成する場合には、通常、1つの品種で作るよりも、複数の品種を混播して作るほうが、気象状況や環境条件に対する危険が分散されます。家庭用の芝生は、ケンタッキーブルーグラスを2~3品種混播することがお奨めですが(表4)、種子の実播が始めての方は、念の為、ペレニアルライグラスを0.5~1.0g/㎡混播しておくことをお奨めします。
表3 ケンタッキーブルーグラス各品種の特性
芝生の草種・品種7
表4 北海道および本州高寒冷地にお奨めの家庭用芝生の混播設計
芝生の草種・品種8