サシバエについて

1.実 例 
   ある年の9月下旬に、札幌市近郊の大型酪農場(フリーストール)から、乳牛の行動がおか    しいという連絡があり訪問しました(図1左)。
  担当の方の説明では、9月中過ぎから次のような状況にあり、サシバエがいたということと、                
 牛が固まっていたことから、担当の方の見立て通り、牛のこれらの行動はサシバエが原因と推 
 定したところです。
  ・乳牛がパーラー側の方に寄らない、奥の方に集まっている
  ・乳牛が寄らない部分の飼槽のTMRも採食されていない
  ・西日は射すが、それを避けている様子ではない
  ・育成舎の子牛は運動場で固まっていた
  ・サシバエはいた
  また、同じ年の10月下旬に訪問しました道南の大型酪農場(フリーストール)でも、牛舎の両   
 サイドに乳牛が行かなくなったと聞きました(図1右)。これもサシバエの影響だったかもしれま
 せん。

サシバエ①.JPG

2.サシバエの害
  サシバエに刺された牛(人も)は強い痛みや痒さを感じるため、フリーストールやフリーバー      ンでは、立ったまま日中を過ごしたり、身を寄せ合って防御しようとし、飼槽や水槽に行かなく   なったりします。繋ぎ牛舎では、落ち着きなく寝起きを繰り返したり、足を上げたり尾を振ったり          します。
  その結果、飼料の採食量や飲水量が減ったり、睡眠や休息が妨害されることから、乳量や        
 増体量が低下することになります。乳牛1頭当り1匹のサシバエは、乳量を0.7%低下させると
  いう、古いデータもあるそうです。
  さらに、刺し傷からの黄色ブドウ球菌感染や、搾乳中の乳牛のサシバエ回避行動からの、ラ    イナーのスリップや脱落などで、乳房炎の原因にもなります。

3.サシバエとは
  成虫のみならず蛹、ウジも、見た目には、見分けがつかないほどイエバエに似ていますが、   成虫は口(口器)によって簡単に見分けることができます。
   イエバエの口はエサをなめるのに適した形であるのに対して、サシバエでは吸血に適したと    
 がった口となっています(図2)。
  活動期間は春から秋まで長期にわたりますが、最盛期は9~11月の秋であり、産卵場所は、        
 長期間移動がない、湿気の多い繊維質の多い牛糞、堆肥や飼料残渣等であり(牛舎内がほと  
  んどの発生源 → 下記サイト参照)、家畜から朝夕2回吸血する以外は、畜舎周辺の木の幹・  
 葉の裏、草むら、牛舎の壁等で休息しているとされます。
サシバエ6

4.サシバエ対策
  上記のサイトで山本喜康氏は、サシバエ対策を次のように紹介しています。
 ①発生源確認
   発生源を特定する(子牛の居る場所、牛があまり踏まない所、有機物が堆積している所、            水分が多い所、特に水呑場の下など)。
 ②発生源対策
   発生源を極力除去するが、それが困難な場合は、殺虫剤(幼虫対策用殺虫剤)を併用。
 ③畜体保護対策
   シラミ、マダニ駆除用のプアオンタイプのピレスロイド系殺虫剤や、イヤータッグ型の殺虫
     剤。
 ④周辺環境への殺虫剤散布
   吸血以外の時に潜んでいるサシバエ駆除のために、ハッチ、牛舎の壁、柱、柵等に散布。
 ⑤虫体への直接散布

   農場に生息するサシバエの成虫の割合は約20%で、残りは卵、ウジ、蛹の状態でいるとさ    れることや、薬剤に極力頼らない観点からは、①および②が重要かと思われます。

     また、コスト、緊急性、労力の関係から、他に紹介されている例として、次のような方法も
   あります。
・100頭フリーストール牛舎(送風ファン38台あり)の壁2面に、2mm目合いの防風ネット
 設置(兵庫県)
 ネット面積235㎡、設置費用約20万円、牛にたかるサシバエ・草むらのサシバエ70-80%減      少、但し、発生源の日常的衛生対策・幼虫対策・牛舎周辺の草刈も重要
・環境対策に加えて、サシバエ駆除に効果がある耳標型駆除剤を導入した結果、牛が偏るとい
  う集団行動が全くなくなった(兵庫県)。

5.参考サイト
  「肉牛放牧における害虫対策」-弊社「牧草と園芸」誌 第56巻第2号(2008年)
              (弊社のホームページからご覧になれます)