搾乳手順について

 搾乳は果樹農家や野菜農家で言えば生産物を収穫する作業であり、極めてデリケートな作業だと言えます。収穫の時に果物や野菜を雑に扱えば、その価値は著しく低下しますが、これを搾乳に当てはめれば、粗雑な搾乳では牛乳の質も低下してしまうはずです。搾乳の手順については多くのマニュアルが存在しますが、ここでは搾乳手順と合わせて、各作業の意味を再考してみましょう。

一般的な手順
(1)前搾り(捨て乳)
 前搾りの目的は、「乳頭内に残っている細菌数の高い牛乳の除去」です。この時、乳中に混じった「ブツ」の確認もできます。各分房あたりで3~4回の手搾りを行うことが奨められます。また、前搾りには「搾乳刺激」を与えるという重要な役割もあります。
  
(2)プレディッピング
 プレディッピングは大腸菌等の「環境性病原菌」に対して有効とされています。乳頭がひどく汚れている場合は、ディッピング前に洗浄します。

(3)拭き取り
 よく乾燥させたタオルや殺菌済みのタオルでまずは乳頭表面を拭き、次に乳頭孔を念入りに拭きます。タオルを四つ折にする等にして、各乳頭に対して常にきれいな面で拭きます。また、牛乳中にディッピング液を混入させないために、意識して拭き取る必要もあります。

(4)ミルカー装着
 「搾乳刺激」を与えてから約1分後にミルカーを装着することが理想です。これは、「搾乳刺激」を与えてから約1分後に泌乳のためのホルモン分泌が最大になるためです(「泌乳生理について」の項を参照)。プレディッピングから約30秒後に拭き取りを始めると、ちょうど良いくらいのタイミングで装着できるはずです。
 ミルカーの装着時は、空気をできるだけ入れないように行います(図1)。拭き取りが不十分だと、ライナーがずり落ち(ライナースリップ)、空気の混入を許してしまいます。空気の混入は、クロー内部とライナー内部の陰圧バランスを逆転させ、その結果、ライナー側に牛乳が逆流します(ドロップレッツ現象)。この時、乳頭孔は開いているので、乳房炎原因菌や汚れが混入してしまいます(図2)。

図1 装着例2

図2 ドロップレッツ2

(5)ミルカー離脱
 ミルククローやバケットを見て、牛乳がほとんど出ていなければ直ちに離脱します。乳房のしぼみ具合やティートカップに空気が入る音等によっても搾乳終了の判断が可能です。離脱はバキュームを止めてからゆっくりと行います。むしりとるように急にカップをはずすと、乳頭先端の粘膜を傷つけることになります。

(6)ポストディッピング
 ミルカー離脱後、すぐにディッピングを行います。これは、搾乳直後の乳頭孔が開いている状態の時に消毒しなければ効果が低減するためです。それから、ディッピング後、30分くらい牛が立っているような状態をつくることが理想的です。搾乳後の給餌は牛を立たせておくために有効かもしれません。
 また、プレディッピング用の容器とは別に、「ポストディッピング用の容器」を用意した方が良いでしょう。汚れた乳頭と接触する可能性の高いプレディップ容器との使い回しを避けることにより、感染の可能性を少しでも抑えることが肝要です。
 なお、ポストディッピングは黄色ブドウ球菌等、「伝染性乳房炎」の病原菌に有効とされています。

最後に
 搾乳は、酪農家にとって収入源を得るための重要な作業です。しかし、その方法を誤ると、乳牛たちを傷つけることになりかねません。衛生的かつ丁寧な搾乳作業を心がけ、大切な牛たちを守りましょう。

手順1手順2-2

手順3手順4

手順5手順6

手順7-2手順8